NC旋盤加工です。まず材料(金色のもの・・真鍮材(BsBM)です)が出てきているのが分かりますか?これが定尺(バー)材からの加工の特徴で、長い材料が機械の中に入っていてそれが出てくるんです。そしてそれを外径加工しています。その次にツールを交換し、品物を突っ切って(切り落として)います。そのまま下に落下してしまうと製品に傷が付いてしまいますよね。そこで下方からパーツキャッチャー(品物受け)が出てきて加工品を受けているのも見て取れると思います。(少しピンぼけですいません。)
←の画像が切り落とされた製品です。切り落とされた片方は良く見ていただくと「へそ」と呼ばれる出っ張りが出ているのが分かると思います。これを後で「ペンチレス」という機械できれいに取り去って仕上げます。
トップに戻る  動画に戻る